かんたん発注 翌日納品

間取図の英語表記 まとめてみました

少しでもかっこいい間取に見せるために英語表記の間取り図制作を制作したいが、
英語訳がわからない。。。。こんなお悩みありませんか?

今回は、前から一度まとめてみたかった、
間取図の日本語表記。
色々と調べてみました。
例えば、
LDKはリビングダイニングキッチンの事っているのはわかりますよね?
では、そのそも、リビング、ダイニング、キッチンの日本語は?
それから、吹き抜けって英語でなんて言うんだろう?
床暖は?
勾配天井は?
カタカナ英語になっているものでも、スペルがわからなかったり・・・
色々とあります。

また、日本語を英語に変換した際に、問題になるのが文字数の多さ。
日本語だったら「玄関」の2文字ですが、英語だと entranceの8文字。
寝室の2文字は、Bed Roomと文字量が増えます。
そうなると、ただでさえ小さい間取図の中に、大量の文字を突っ込むことになりますので、
間取図は文字だらけ・・・・・・

文字ばかりの間取り図はかえって見にくいので、
略字を使って逃げるケースがよくあります。

さて、前置きはこれぐらいにして。。。以下まとめた情報です。間取図制作の際に、役に立ててくれたらうれしいです。

C59c31cb98-6e43-439e-80a0-1fca67f899a2_property_picture_2745_large

※画像をクリックすると大きくなります※

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Porch/玄関
Ent・Entrance/玄関
L・Living/居間・リビング
D・Dining/食堂・ダイニング
K・Kitchen/台所・キッチン
BD・BedRoom/ベッドルルーム(寝室※洋室をBedRoom表記することが多いです)
MBR(MasterBedRoom)/マスターベッドルーム(主寝室)
WC(WaterCloset)/トイレ(他、Toilet、Restroom、Lavatoryとも表記する。)
PowderRoom/化粧室
RoofBalcony/ルーフバルコニー
Garage/駐車場(CarSpaceとも表記する)
CL(Closet,Clo)/クローゼット
WIC(Walk-inCloset)/ウォークインクローゼット(歩き回れる広さのある収納)
STO(StorageRoom,Sto.)/倉庫・貯蔵室・納戸
Shelf/棚
Hanging cupboard/吊り戸棚
W/洗濯機設置スペース(洗濯パン)
R/冷蔵庫設置スペース
Counter/カウンター(台、棚)
Floor heating/床暖房
Sloped ceiling/勾配天井
Void/吹き抜け

かっこいい高級感のある間取り図を外注したい

間取り図制作13年。月間5000個の間取り図制作プロが伝える、間取り図をカッコよくするためのコツ

今回の仲介物件は高額物件なので、
少しでもかっこいい間取図・高級感のある間取図を作ってほしい。
と言われることがあります。

では、かっこいい間取図、
高級感のある間取図とはいったいどんな間取図なのでしょうか?

 

特殊間取図3000-4000サンプル_英語表記大  高額物件の間取り図
※画像をクリックすると拡大してよく見えます※

カッコよく見せる手っ取り早い方法は、

★まず文字の表記を、英語表記にすること。
★フォントについては、よくある明朝体やゴシックは使わずに、
ちょっと斜めになったイタリック系のフォントを使い使うフォントをちょっと工夫すること。
★あとは、フローリングの線を入れるとちょっと見栄えがよくなります。
★また、色使いですが、あんまりいろんな色を使うよりも、色はシンプルにして、すっきりしたほうがカッコよさがでます。
★配色も、できるだけ落ち着いた色に。
★出来ればグラデーションも使うとデザイン度があがります。
★壁の色も黒だときつくなるので、グレーにしたほうが洗練された印象になります。

ごく普通のよくある間取り図をホームページに載せるよりも、
綺麗で見やすい間取図を掲載するほうが断然印象がいいです。
さらに、、ホームページ上の間取り図がすべて統一されていたら
仕事が丁寧な会社→対応も丁寧という印象が強くなります。

たかが間取図、されど間取図。 エンドユーザーは同じ物件を買うにしても、 どこの不動産屋さんでその物件を買うかを見ています。 つまり同じ間取り図でも、様々な不動産屋さんのホームページを見ています。

レインズにアップされている、 掠れがひどい間取図をそのまま使っている不動産会社さんのホームページは印象が悪いです。

仲介物件は売主ではない限り、早い者勝ちです。
エンドユーザーに選んでもらえる不動産屋さんになるために
仲介物件の間取り図の制作、デザインにも気を使っている不動産仲介業が増えてきました。

是非この機会に、間取り図についてちょっとだけ これでいいのかな?と考えていただける機会になればと思います。